toggle
2020-12-18

ほぼ日手帳!

ミナベルホネンのカバー ほぼ日手帳

ほぼ日手帳が発売されてから何年も、買ったり買わなかったり、買ったけど使わなかったり、ぎっしり書いたり。

ほぼ日手帳の良いところは、1日1ページ、書くスペースがあるところ。

1ページ埋まらない日も、逆に1ページでは足りない日もあります。

でも、この1ページ縛りが好きです。

書くことは、その日の思いつき。

仕事のことを書いたり、プライベートのことを書いたり、シールを貼ったり。ただの電話メモだったり。

これが、見返すととても楽しいのです。

意外と、デジタルよりここに書いてあることで、大切なことを思い出したりします。

もうひとつ良いところ。

それがこのカバーですね。

カバーは、毎年色々出て、年々バリエーションが増えています。

その中に必ず好みのものがあり、どれにしようか考える時がとても楽しくて、来年1年間をどう過ごすか、ということを同時に考えられている気がします。

仕事モードの時は真面目に、シンプルなカバーを選んだり、プライベート重視の時は、カジュアルなものを選んだり。

今年2020年は、仕事でもプライベートでもなく、自分の気持ちを大事にしたかったように思います。

それで、大好きなミナベルホネンを選びました。

この微妙な色使い、癒されるデザインがとても好きです。

何か、思いついたこと、素敵な心に響く言葉を見たり聞いたりした時、書き留めておいたりするために、1日手元に置いておきました。

仕事が忙しくて、せっかく手元に置いておいても、なんにも書かなくて空白の時もよくあります。

そうすると、翌日間違えて前日のところに書いてしまったりして、あ〜、と悲しい気持ちになることもよくあります。

あくまでもその日のことはその日のページに書く。

空白の時は、忙しかったのかな、とか考えます。

iPhoneにも、便利にメモする機能もありますが、手書きするのは、iPhoneとは違う楽しさ。

予定はiPhoneでだいたい管理するので、カレンダー部分はだいたい空白です。

iPhoneも、紙の手帳も良いとこ取り。

ちなみに、iPhoneが大好きで、iPhoneを持っていることが嬉しいのですが、他のスマホには興味がありません。

手帳も同じで、ほかの手帳も素敵なものがあるので興味はありますが、やっぱりほぼ日手帳ほどのトキメキはないですね。

ほぼ日手帳の、作り手の思いが詰まっているところが好きなのかもしれません。

ほぼ日手帳のことがわかるのは、下記のリンクから。

ほぼ日手帳のページ

来年は、ほぼ日手帳のオリジナルをプライベート用、大きめサイズのカズンを仕事用、持ち歩き用にweeksメガを購入しました。

3冊持ち!

使うのがとても楽しみです。

0
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です