toggle
2020-10-01

電車でキャンプ第3弾!

坂田ヶ池総合公園キャンプ場

週末は、成田市の坂田ヶ池総合公園のキャンプ場へ行ってきました。

最寄り駅は、JR成田線の「下総松崎」駅。

ここからキャンプ場まで、徒歩約18分です。

雨の予報だったのが、奇跡的に晴れてキャンプ日和になりました。

ここは、芝生が多く、ファミリーで来て小さい子が走り回れる広々とした場所で、とてもキレイなキャンプ場でした。

一般のデイキャンプは午前9時から4時まで。

成田市在住、または勤務者だと1人200円で利用でき、それ以外の人は300円。

かなり安いですが、トイレも必要な設備もきちんと整っていて、安心できます。

流し台のある場所

別料金でかまどを使える場所もあります。

テントサイトは利用者ごとに区画されているので、整然とテントが並びます。

徒歩15分ほどのところに、ファミリーマートがあります。足りないものはここで調達。

私たちはテント設置後、ここへお酒を買いに行きました。

途中忘れ物に気づいて、またここへ買いに来ることに。

1度行くと往復30分、買い物に10分と40分もロスすることになるので、忘れ物には注意しましょう(´∀`*)

焚き火をする時に敷く板を借りて、いつものソロキャンプ用焚き火台をセッティング。

今回も100均のファイヤースターターで、無事着火!

前回、奥多摩のキャンプ場で買った薪が半分ほど残っていたので、それを担いで持ってきました。

味付けラム肉、やっぱり美味しい
100均の火吹き棒で火を絶やさないようにフーフー
深めのお皿をSeriaで買い足しました
焼き芋。皮が焦げました!

焼き芋をホイルに包んで焚き火で焼いてみたら、やりすぎて皮が焦げましたが、めちゃくちゃ美味しかった!

キャンプ場だけでなくこんな広場も
最寄りの「下総松崎駅」

駅員さんが対応してくれるのは9時20分~16時30分までなので、時間外でこの駅でチャージすることができません。なんと自動切符販売機までもが、時間外はシャッターが下りるのです。

チャージする必要がある場合は、手前の駅でやっておかないと困りますのでご注意を!

成田から1駅来ただけなのに、昔ながらの趣ある駅の待合室。

今回は、電車でのキャンプなので、モンベルでメッシュギアコンテナ50を購入して、道具一式を背負って行きました。

モンベルのメッシュギアコンテナ50

テントだけが入らないのが残念ですが、それ以外のものは大量に入ります。

これは、大きさが3種類あり、一番大きいサイズです。中が丸見えになってしまうのですが、本当はモンベルのロゴがついたいい感じのものを外側に配置したいと思っています。今回は色々詰め込んだのでゴチャゴチャですが(笑)。

前回、カートに荷物を乗せて、引いて電車の乗り降りをしましたが、やはりこれは大変でした。

前回のキャンプで使ったカート

階段の昇り降りが大変で、エレベーターにいちいち乗らなきゃ行けない、電車に乗る時降りる時、引っかからないように神経を使う、街中を歩く時、段差でぐらつき、バスにスムーズに乗れない、など。

移動中の重さは背負うより多少軽いものの、現実的に困難が多い運搬手段でした。

今回はクーラーボックスを、ソフトタイプの軽いものに変更したので、メッシュギアコンテナに入れて、中身が無くなれば畳んで持ち帰れて、便利でした。

毎回、何かしら改善点が見つかり、次はこうしよう、と工夫するのも楽しいです。

いいね! (2 いいね!, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...
よかったらポチっとお願いします♪
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。