toggle
2020-12-20

海がテーマの冬バーベキュー

木洩れ陽の森

松戸市の「21世紀の森と広場」という公園に、「木漏れ陽の森」というバーベキューができる施設があり、初めて行ってきました。

営業時間は下記の通りで、現在の利用可能時間は一番短い15時半までなので、できるだけ9時からすぐに入れるようにと思っていたのですが、大きな公園で、バーベキューの管理事務所がある場所をちゃんと調べずに行ったので、別の入口から入ってしまい、無駄に歩き、時間のロスがありました。

「北口」を目指して行くのが正解でした。

もし初めていかれる場合パンフレットを参考にしてくださいね

通常期間(下記以外の間):9時から16時
夏季(7月21日から8月20日まで):9時から17時30分
冬季(11月1日から2月末日まで):9時から15時30分

バーベキュー場は、入場に1人100円かかります。

また、屋根付き炉は1炉あたり1,000円。

野外炉は一炉あたり600円。

フリーゾーンは無料です。

薪と炭を購入して(着火剤もついていました)、私たちは、無料のフリーゾーンでいざ、スタート。

本日のテーマは「海」。

海縛りで食材を調達しました。

ハマグリ、エビ、こまい干し、ホタテなどを焼きました。

これが、こまい(氷下魚)干し。

北海道の東側の海に生息していて、0℃以下でも凍結せずに活動できるそうです。

焼いて美味しく頂きました。

そしてこれはクラムチャウダー。

キャンベルスープ缶に、牛乳を入れただけですが、美味しかった!

なぜか、サラダとして持っていった、ブロッコリーとエビも投入して、シチューのようになりました。

おつまみも、イカのスルメに、「磯おかき」、そして、「柿ピー梅ざらめ」。

これは、海縛りじゃダメでしょう、と思って裏を見たら、「カツオ出汁エキス」らしきものが含まれていたので、セーフ!

↑これ、美味しいんですよねぇ。

もちろんビールやハイボールも買い込んで、午前中から楽しみました。

人も少なめで、有料の炉も、埋まることはなく、ポツポツと利用者がいて、適度な距離感。

ファミリーで来ても、子供がゆったり遊べて良さそうでした。

私たちは15時までにちゃっちゃと片付けて、15時過ぎには公園を出ました。

100均のキャンドゥで、ミニ鉄板が売っているらしいという噂を耳にして、早速あちこちで探しているのですが、なかなか見つからないので、その後鉄板探しの旅へ。

やっぱり売ってなくて、がっかり。

そのうち見つけたらレビューしたいと思います。

0
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です