toggle
2020-12-29

モノを手放す年末

iPhone11 Proを手放しました。

先日、このiPhoneの画面を割ってしまい、取り急ぎ前から欲しかったiPhone 12miniを購入したのですが、まだまだ使えるiPhoneを手元に置いて使っていたくて、結局画面修理をしました。

ただ、iPhoneを二つ持っていてもしかたない、使いこなせないという事実に気づき、残念だけど手放そうと、メルカリに出しました。

それなりの値段で売れて、まあよかったと思っています。

これを機に、私のモノの持ち方を変えて行こうと思いました。

私は、元々アップル製品が好きで、20数年、iMacをはじめ、iPhoneも一通り使ってきました。ヘビーアップルユーザーです。

ただ、iPhoneは毎年新しいものが出て、好きだからと、毎回バージョンアップしていてはキリがないんですよね。

新しいものはやがて古いものとなり、また新しいものを手にしないと満足しない、というループ。

これはアップル製品のみならず、インテリア、キッチン道具、化粧品。どれにでも当てはまります。

今回、私はiPhone 12が発売されて、欲しいなぁ、買いたいなぁと思っていた矢先、使っていた、もはや新しいものではなくなりつつあるiPhoneが壊れた。しょうがないなぁ、買い換えるか、と正当な理由ができたことで買い替えたのです。

ただ、修理してみたら、まだまだ使えたiPhoneを手放すことになって、私は何をしているんだろうと思いました。いったい何がしたいのか。何が大事なのか。

新機能がそれほど搭載されて劇的に変わったわけでもないのに、新しいものを持ちたいというだけで簡単に購入してしまう心理。

自分の満足というのは、こんなことなのか。

本当は家族と過ごしたり、本を読んだり、考えたり、日々の出来事を大事にしながら、今あるものを大事に過ごしていくことが本当の満足につながるのではないかと思いました。

欲しいものを手に入れるのは楽しいことではあるけど、一番大事なことではありません。

欲しいものをなんでも手に入れようと思うといくらお金があっても足りません。

そして、本当の満足も得られない気がします。

一度、目の前にある不要なもの、使っていないものを処分して、今ある必要なものだけで暮らしてみよう。

そう思った時、少し自分がホッとしたことに気づきました。

もう、幸せのためにお金を使ったり、なくなる心配をしなくていい。

そう思うと、そんなに必死に働かなくても、今月の給料を気にしなくてもいい。

新製品をチェックしたり、素敵な人が持っているものを私も持たなくちゃと思わなくてもいい。

今まで、ないものにばかり目が向いていて、今目の前にあるものをちゃんと見ていなかった。

あるものにきちんと向き合うには、今は必要ではなさそうなものは思い切って手放す。

しばらく、今自分が持っていないものに目を向けるのはやめようと思いました。

いつも聞いているかぜのたみさんのYouTubeの声が、いつも以上に心に響きました。ミニマリスト になろうとなったわけではなく、元々そういう考え方、生活をしていた、というかぜのたみさんの考え方は、ミニマリスト 初心者にはとても参考になります。

私は元々、ミニマリスト 的な考え方は好きで、モノの数も多くはない方です。

それでもちょっとおしゃれに見えそうなインテリア、つけたら素敵になれるかもしれないアイシャドウ、ちょっとだけリッチな気分になれるワインなど、少しテンションが上がりそうなものにお金をかけるクセがありました。

そう、クセなんですね。

別におしゃれじゃなくてもいいんじゃない?

今、それほど収入が多いわけでもない自分が、ちょっと素敵になるためにお金を使うのではなく、もっと地に足をつけて、必要最低限でプライスレスな幸せを感じながら暮らしてみる。

そしたら、モノももっと減るし、お金は減らない。

ちょっとこんな感じで発想を変えてみることにしました。

このブログで書くことも少し変わってくるかもしれないです。

見てくれている方が、少しでも共感してくれたり、参考になるように、これから自分の生活の試行錯誤を書いて行こうと思います。

年末になりましたが、きっといつもより帰省する人や旅行にいく人が少ないと思われます。

私も今日から仕事がお休みですが、地味に家で過ごす日が多いと思います。

そんな時こそ、掃除したり、考えたり、家族と過ごしてゆっくり自分を見つめ直していきたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です