toggle
2021-10-02

お米生活始めました

最近の朝ごはん

管理栄養士でお米生活を推進されている、柏原ゆきよさんのブログをたまたま目にして、お米と味噌汁を基本とした食事の良さを知りました。

子供の頃、親が用意してくれる食事はだいたいこんな、ごはんと味噌汁を中心とした食事でした。

ところがだんだんパンやヨーグルト、果物や甘いお菓子などに魅力を感じて、大人になってから自分で用意する朝食は、パンとヨーグルトと果物などばかりになっていました。

こんな感じが大好きでした

何となく、この毎日のパン食は良くないんじゃないかなと思っていたのです。

パンにはバターを塗るので脂肪たっぷり。

ヨーグルトなどの乳製品も、身体にいい気がするけど、本当はどうなのかな?と。

特別大きな病気はしていないものの、貧血、PMS、疲れると膀胱炎になる、など小さい不調が常にあり、それを何とかしたいと思っていたのです。

お米というのは、一時ダイエットの敵のように言われていて、私もご飯はいつも控えめにして、おかずをその分多めに食べる、ということがいいのだと思ってきました。

でも、お米は敵ではなく、沢山食べて、むしろおかずを減らす。

お米とおかずは6:4のバランスで食べるのがいいのだそうです。

おかずを沢山作ればその分添加物や調味料が増え、塩分も増えてしまいます。

ごはんと味噌汁で満足すれば、おかずの量が抑えられ、おかずを沢山作る手間もかかりません。

ごはんと具だくさん味噌汁で、必要な栄養は取れているとの事です。

かと言って、別にご馳走を食べるのがだめではなく、それは非日常食事として楽しめば良くて、ふだんの日常食はごはんと具だくさん味噌汁、そしておかず1品程度。

食事は好きな人と楽しみながら食べる、というのが大事だそうです。

お酒も甘いものも、栄養学的に身体にはあまり良くないとしても、楽しんで頂くことは、心の栄養!と柏原先生がおっしゃっていて、うん、そうそう!と納得♪

基本的な食事がちゃんとしていれば、少しくらいの嗜好品も、ちゃんと処理できるはず。

それより楽しく食べること!

なんか楽しくなってきますね。

楽しく食べて健康にも良い、お米生活、あまり真面目になりすぎず、ちょっと取り入れてみたら身体がどんな風に変わるのか、試してみたいと思います。

興味のある方はぜひ、柏原ゆきよ先生のYouTube、見てみてくださいね!

柏原ゆきよチャンネル

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です