toggle
2022-03-12

「CHANCE チャンス」犬飼ターボ

先日オーディブルでとてもおもしろい本を聴きました。

こちらは文庫本へのリンクですが、KindleだとUnlimited読み放題対象で、単行本も、オーディブルも、一通りのフォーマットが全部あるようです。

自己啓発の本かな?

と思ったら、物語調で始まってすぐに話に引き込まれました。

20代の起業家が、上手くいかなくて悩んでいたところ、メンターと出会い、色々なことを学んで、失敗しつつ成長していく、というストーリーになっていました。

とても話が分かりやすく、自分もその主人公の起業家になったつもりで聴くことができました。

失敗したり悩んだりする時の心の動きがうまく表現されていて、登場人物に共感しながら聞いていると、続きが気になって、ちょっとした合間に聴き続けてあっという間に聞き終わりました。

メンターの話は、事業に成功するための秘訣などの話でよく耳にしたり読んだりするような内容でしたが、物語になっていることで、よりそのことが理解出来ました。

面白かったですねぇ〜。

ただ、最後に作者のあとがき的な文章も読み上げられていて、つい聞いてしまったけど、あれはいらないなと思いました。

せっかく物語に没頭していたのに、あのキャラクターはだれそれをモデルにしていて、などと解説されて、ちょっと興ざめでした。

そういう話はいらないという人は、そこはストップさせて終了した方がいいかもしれません。

そこまで没頭できたのは読み手が、微妙に声色を変えてくれるからですね。

よくあんなに何人もの声色を使い分けられるなぁ~と感心しました。

内容が難しすぎないので、家事をしながらボリュームのある本を一気に読み上げた気分です。

オーディブルはいつもサラッと聞いていることが多いので、ここまで面白いと思ったのは初めてです。

別に自分が起業しようと思っている訳ではなくても、人間関係、お金の使い方など、学びは多いですね。

読み手の声の感じ、特にメンターの声の出し方が、藤原竜也に似ていたので、勝手にメンターは藤原竜也の顔を想像して聴いていました。

犬飼ターボ、という人は名前だけどこかで聞いたことがありましたが、名前の響きが強烈な印象ですよね。

犬が好きで、車も好きなのかな?

主人公も犬を飼っていて、話の中にフェラーリとかNSXとかが、成功者の象徴として出てきたので。

成功小説家、人間心理学のセミナー講師

という肩書きだそうです。

また、オーディブルで楽しい本を見つけたら、紹介したいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。