toggle
2022-07-13

50代の携帯料金はもっと安くできる

50代の携帯料金
Photo by Mateusz Dach on Pexels.com

50代の携帯料金の平均は、結構高くなっているのではないかと推測しています。

でも、毎月支払う携帯料金は、少しでも安く、快適にしたいですよね。

50代で、私の周りを見渡すと、スマホや格安SIMに詳しい人はあまりいません。

詳しくないので、ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアで「安心を買う」という人は多いと思います。

最近は、大手のサブブランドのワイモバイルなども増えてきて、安心して格安SIMに乗り換える人も増えてきているかもしれません。

もちろん、安心も大事ですから、それもいいと思っています。

私は、新しいことをするのが好きなので、もっと快適でコスパのいいプランがあるかもしれないと、アンテナを立てています。

私は現在モバイル通信は楽天モバイルを、電話はpovo2.0を使っています。

楽天モバイルを使っている理由

https://twitter.com/rakuten_mobile/status/1549650345025945600?s=21&t=cXJE8Zee9RxvjC87HovhNw

①わかりやすいワンプランで、使用状況に応じて段階的に料金が変わるところ。

外出して、地図を見たり調べたりすることが多いので、外で通信料を気にせず使いたい。

大量に使っても、MAX2,980円(税込3,278円)だと分かっているので安心です。

ただ、私の生活ではどんなに使っても20GB以上使うことがないので、1,980円(2,178円)に収まります。

それが分かっていると、とにかく安心。

使いたい放題って、飲み放題と同じで、安心して飲める、みたいなところが楽しいんですよねぇ。

これはたくさん飲む人にしか伝わらないか(笑)。

また、WiFiの調子が悪い場合、PCなどをテザリングで使うこともできます。

②行動範囲はだいたい楽天回線エリア

楽天回線エリアというのはだいぶ広がってきたものの、まだ、電波の届かないエリアが存在しています。

なので、電波の届かない場所によくゴルフに行くとか、運転で遠方へ行くことが多く、NAVIを見るなどで使用する場合は、まだ不安定さを感じると思うので現時点では不向きかもしれません。

私は自宅も職場も楽天回線エリアなので、メリットが多いです。

これも、最初の頃に比べるとずいぶん広がって来ていて、そのうちもっと広がっていくと思うので、期待したいところです。

③楽天モバイル使用者は1年間WiFi料金無料。

これは大きいメリットですね。

以前はソフトバンクWiFiを使用していて、今はもちろん楽天を利用中ですが、特に以前と変わりなく問題なく利用出来ています。

1年、無料期間が終了した後はどうするか、またその時に考える必要がありますけどね。

【楽天モバイル】

次は

povo2.0を使っている理由

①電話をアプリを使わず端末の電話で使用できる。

povoの電話は、特別なアプリを使用するものではなく、通常通りの電話を使えます。

楽天モバイルは、電話もかけ放題なのですが、専用アプリを使う必要があり、また音質があまり良くない。

povoは、普通にかけられる上に音質も良いので安心して使えます。

また私は、1,650円でかけ放題を契約しているので、安心して電話がかけられます。

②ギガ活でギガをもらえる

povoはau回線を利用しているので、auPayを使って指定のお店で買い物をするとギガがもらえます。

例えば、ローソンだと500円以上の買い物で300MBもらえます。

オーケーストアだと、2,000円以上の買い物で1GBももらえます。

これがあると、例えば楽天回線の調子が悪い時にpovoに切り替えて通信を行うことが出来ます。

③トッピングが面白い

povoは、契約するだけなら0円です。

その上で、自分に必要なデータ量を必要な時に購入します。

→これをトッピングと言います。

例えば、明日一日出かけて、結構ギガ使うかも、と思ったら「データ使い放題24時間」330円というのをトッピングしよう、とか。

キャンプで楽天のデータが届かないかもしれないから、少しau電波を使いたい、「データ追加1GB7日間」390円をトッピングしておこうなどと、その時の都合に合わせて購入するスタイルです。

③サポートが丁寧で早い

チャット機能があり、そこから質問すれば割とすぐに対応してくれます。

とても感じの良い対応で、今まで何度か使用しましたが、嫌な感じを受けたことがありません。

povo2.0

povoおともだち紹介プログラム

povo2.0にご紹介コードを使って契約し、30日以内の初回購入データトッピングに応じて、最大6回分の”データ使い放題ボーナス(24時間)”がついてきます。

ご紹介コードは KZQAU428

条件など詳細はこちら

povo2.0を検討中の方、良かったらご利用ください。

というわけで、

楽天モバイルは2,178円、povoは1,650円、データ20GBと電話かけ放題という組み合わせで、合計3,828円。

また、もっと最適なプランを見つけたら変更するかもしれませんが、楽天もpovoも、初期費用と解約金が不要なので、乗り換えも手軽で、そういうところもいいですね。

格安SIMはどこがいいかは、その人のライフスタイルや、住んでいる場所などに寄ります。

色んな格安SIMが出ていて、評判なども検証して、トライすることをおすすめします。

どんな格安SIMがいいのか、私がいつも参考にさせてもらっているのはこちらの動画。

初心者にもわかりやすい説明をしてくれます。

最新の格安SIM情報から、初心者向けのiPhoneの便利な使い方など、丁寧に教えてくれます。

すまっぴーチャンネル

楽天モバイルは、少し前まで1GBまでは0円としていて、私も0円でサブ携帯に使用していましたが、今年の7月から料金体系が変わり、0円運用は出来なくなりました。

それで楽天モバイルをやめるという方も多くなり、物議を醸し出したようですが、私はむしろ今までありがとうという気持ちで、継続利用をしています。

また、楽天モバイルからpovo2.0へ移行して、こちらで0円運用という方も多いようですが、私はpovo2.0のサービスがとても面白いと思い価値を感じているので、積極的に利用させてもらっています。

人によって必要なサービスは違うと思うので、私の利用方法が誰にでもベストだとは思いません。

それより、自分に合った最適なサービスがはどんなものがあるのか、と積極的に探しに行くということが大切だと思います。

そういうことも、脳の活性化に役立つと考えています。

通信費はもっと安く快適にできる、と思って色々調べてみると、自分にぴったりなプランが見つかるかもしれませんよ。

以前の楽天モバイルの記事はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。