toggle
2020-01-28

時間と心の余裕

無印良品で先日買い物をしました。
食器を拭くクロスと、エプロン、耐熱マグカップ。

エプロンもクロスも古くなったので、
買い替えとして。

耐熱マグカップは、無印良品で買ったものを、
うっかりフチを欠けさせてしまったのですが、
とても使いやすくて形も気に入っていたので、
同じものを一つ。

レジに持っていくと、店員さんがマグカップを梱包しながら、「ガラスのカップでお茶を飲むと色が見えてキレイですよね」と言いました。

今まで無印良品の店員さんがそんなふうに話しかけてくるようなことがなかったので、少し驚きながらも、「そうですねー」と返すと「今、桜グリーンティーというのが出ていて私はそれが好きなんですよ。今お茶が、2袋で10%OFFなので良かったら見てみてくださいね」と笑顔でサラッと説明してくれました。

それがとても自然な流れだったので、思わずちょっと見て帰ろうかな、という気になり、ちょうど、お茶が気になっていたこともあり、見てみました。
色んな種類のお茶があり、どれも美味しそうなネーミング。

店員さんが薦めてくれたお茶もありました。
それと、別のお茶を組み合わせて2つ持ってまたレジへ。

何人かいるレジ担当の人の中で、たまたま、また同じ店員さんにあたったので、「オススメのお茶買います」と言ったら、さわやかな笑顔で「ありがとうございます」と言ってくれて、とてもいい気分になって帰りました。

当然店員さんは、新商品をオススメすることや、割引になる商品をオススメすることは、指示されているでしょう。
でも、実際、私もレジの経験がありますが、忙しいと、お金やクレジットカードの受け渡し、梱包で精一杯
で、商品のオススメまでするのは難しいのです。
しかも、私が買った商品に関連付けて商品を紹介してくれる感じが、あまりに自然で、宣伝されている事にも気づかないし、それどころかいい気分にしてくれる、なんて素敵な店員さん!と思いました。

気持ちのゆとりですよね。
実際、人に優しくしたり、言葉をかけるのって、自分に余裕がないとできないことです。

今は、クレジットカードだけでなく、PayPayやLINEpay、ID、Suicaなど、多種多様な支払い方法があり、それがよくわかっていないと、レジの操作だけで精一杯で余裕なんてないでしょうし、日々の自分の生活の中で悩みがあったら、決められている枠の中の仕事をするのが精一杯になるのは当然です。

いっぱいいっぱいになってしまう毎日じゃなく、時間にも心にも余裕のある生活をすることって、大切だなぁ、と思います。

という訳で、私はこの、桜グリーンティーを味わいながら朝の時間をゆったり過ごせました・・・と言いたいところですが、バタバタで、いつもよりギリギリになってしまい、走って駅までいくという、余裕のない朝でした!(笑)

いいね! (まだいいね!がありません)
読み込み中...
よかったらポチっとお願いします♪
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。