toggle
2020-04-29

卵料理の思い出

昨日のランチのオムライス

子どものころ、父は日曜日になると、朝食を作ってくれました。

早起きして、卵を割って、オムレツや、卵焼きなど、簡単なものですが、作ってくれるのを横で見ながら、一緒に卵をかき混ぜたりするのが好きでした。

卵はこうやって混ぜるとうまく混ざるよ、とか、このタイミングでフライパンを傾けて、などとコツを教えてくれるのを聞くのが好きでした。

普段は、母親が全ての家事をやっていたのですが、日曜日の朝だけはゆっくり寝ていたのを覚えています。

特に聞いた訳ではありませんが、いつも家事をやってくれているから、日曜日の朝ぐらいは母にお休みをあげていたんだと思います。

今考えれば、母は専業主婦で、父は毎日サラリーマンで仕事に行っていたのですから、俺だって疲れてるんだから日曜日は休みたいんだよ、と思っていても不思議ではありません。

でも、そんなふうに考える人ではなく、いつも家族のことを最優先にしてくれました。

父と一緒に作った朝食ができたら、嬉しくて母を起こしに行きました。

ご飯できたよ!と呼ぶと嬉しそうに母が起き上がりました。

きっといつも早起きの母だから、とっくに起きていたんだと思います。

そして、弟も呼んで4人で日曜日の朝食。

自分も手伝ったから、いつもより楽しい食事でした。

野菜とかウインナーを炒めたところに卵を流し込んで、フライパンの形に全体が固まったら、イッキにひっくりがえす、という卵料理が多かった気がします。

大きなお皿にいっぱいの卵をにケチャップをかける、簡単なものですが、とっても美味しかった。あれ、久しぶりにやってみようかな。

なんて、オムライスを作りながら思い出しました。

卵料理のたびに、卵のかき混ぜ方を教えてくれた父のことを思い出します。

あ、父は健在ですよ(笑)

離れた大阪に住んでいるので、なかなか会えないのですが、父の優しさは時空を越えて伝わってきます。

こんな本もオススメ!

Kindle Unlimitedだと、無料で読めます♪

今日のBGM♪

Wouldn’t It Be Nice – Remaster ザ・ビーチ・ボーイズ

https://open.spotify.com/track/0cx32rX0uZvcJUP92Wkj2y?si=RNabdxU_SESbeACxWoz2IQ

いいね! (まだいいね!がありません)
読み込み中...
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。