toggle
2020-05-29

良質な睡眠に役立つ意外なもの

最近、夜に雨が降ることが何度かあり、我が家は全ての窓にシャッターが付いているので、それを全て下ろして寝ました。

冬の間は夜当然窓を閉めるので気になりませんでしたが、最近は少し蒸し暑いので窓を開けたいけど、雨が入ってくるし、防犯のためにも、シャッターを活用しようということで。

シャッターを閉めると、多少風の通りは悪くなりますが、完全密封では無いので、少し風が通るのです。

私は普段Apple Watch‎をつけていて、だいたい寝る時もつけています。

睡眠の状況を測定するためです。

年齢のせいか、最近はそんなに熟睡出来ないし、Apple Watch‎の測定結果は、トータル睡眠時間が短く、深い眠りも少ないようです。

それがわかったからと言って、そんなに実は気にしていないんですけどね。

どういうことをしたらよく眠れるか、どういう睡眠結果の時に、翌日のパフォーマンスが上がるのか、などをただ見る、と言うだけです。

私の場合、長く寝ればいいというわけではなく、熟睡した、という感覚が起きた時にあれば、それでいい感じです。

ただ、Apple Watch‎で測定結果を見るのが好きなんですよ。

ただそれだけ。

それでですね、シャッターとどういう関係があるかと言うと、シャッターを閉めたら、睡眠時間が長く、熟睡出来ていたんです。

だいたい、普段は4~5時間程度しか寝てないんですよ。無理してる訳じゃなくて、それが自然な感じで。ただ、少し寝足りないなぁという感覚は残っているけど、朝になったら目が冴えて、それ以上は眠れないという感じです。

それが、シャッターを閉めると、音も多少遮断されているのか、とにかく真っ暗になります。

私は真っ暗があまり好きでは無いので、ソネングラスの灯りだけつけています。

それでも、朝の光が一切入ってこないだけでこんなに寝られるの?というぐらい熟睡していました。

ちなみに、最近はスーパーに行く時以外はだいたいStayHomeで、運動量は激減。

Apple Watch‎にも、最近は運動できてませんね、と嘆かれています。

Apple Watch‎も、コロナの状況に合わせたコメントをしてもらいたいですね。

それはともかく、大した運動量じゃないのにこの熟睡かげん。

シャッターの効果は、防犯とか防雨、防風だけじゃなくて、睡眠にも一役買うということが判明。

そして、ソネングラスの光は、睡眠を妨げない(私にとっては)というこもわかりました。

まあ、シャッターなんて、どこの家庭にもあるものではないと思いますし、うちも選んだ物件にたまたま付いていただけなのですが、シャッターがついているけど、使ってないという方はぜひ利用してみてもいいのでは、という話でした!

今日はApple Watch‎をつけて出勤!
いいね! (まだいいね!がありません)
読み込み中...
よかったらポチっとお願いします♪
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。