toggle
2022-07-12

コンタクトレンズ料金 を見直してみる

コンタクトレンズの料金 を見直してみることにしました。

高校生の頃からコンタクトを始めて、30年以上。

長年ハードコンタクトレンズを利用していましたが、数年前から、1dayのソフトコンタクトレンズを愛用するようになりました。

1dayの良さは、毎日新しいコンタクトレンズを装着できることと、ケア用品が不要なこと。

旅行などでも、必要日数分を持っていくだけで良いところが便利です。

私が使用してとても気に入っていたのは、アルコンの「デイリーズトータルワン」。

単品買いをすると割と高いのですが、エースコンタクトで定額制にすると、毎月5,940円で定期的に届くのでコスパは良いと思います。

ものすごく快適で、不快感はほぼゼロ。

以前もこちらに、どれだけこのコンタクトレンズが良いかを買いています。

ただ、毎月5,940円というのは、私にとっては結構引っかかる値段で、ここを見直そうと思い、まずエースコンタクトに、解約の申し出に行きました。

以前も同じことを考えて解約の申し込みに行ったところ、1年以上経過していないと解約できないなどの縛りがあったので、できませんでした。

今回は、1年経過していたので、引き止められることもなく、即OK。

あっという間に解約手続きが完了しました。

まだ、今まで届いたものを使い切っていないので、使い切ったら次はどうするか?

次に考えているのは、以前にお試しもしたことがある「ダイコン」。

コンタクトレンズの料金

年会費3,000円はかかるのですが、月々1,900円で送料無料でポストにコンタクトが届きます。

使わなくて余っている時は年5回まではスキップできるそうです。

タレントを使って大々的にCMなどをしていないことで、安く販売できているようです。

メガネも持っていますが、メガネの不便なところは、お化粧がしにくい、マスクをすると曇る、というところ。

また、私は夜だけメガネにしているので、度がキツく、一日しているとクラクラして疲れます。

また度数をゆるめにすればいいか、とも思いますが、今後は度数をゆるめたメガネとコンタクトを併用しようと思っています。

最近はメガネのJINSでもコンタクトを取り扱っているようで、こちらもちょっと気になります。

ダイコンほど安いわけではありませんが、定額制もあり、お試しもできるようなので一度試してみようかな、と思っています。

軽い老眼もあって、乱視もあって、さらに一日中パソコンを使って仕事をするため、目は疲れやすく、ケアも大事です。

定期的に眼科に行って、度数が合っているか調べていますが、何より無理せず、疲れる前に休む。

この先まだまだ使う予定の大事な目ですから、酷使せずに大事にしていきたいと思います。

ちなみに、老眼に関しては、まだ軽度らしいので、普通のコンタクトレンズで大丈夫だと言われています。

でも、老眼にも対応しているコンタクトレンズもあるので、そういうのも必要に応じて利用するのがいいかなと思っています。



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。