toggle
2020-04-25

離婚に伴う手続きがまだ終わっていない→扶養、健康保険

離婚に伴う手続きには、さまざまな事があり、まだ実は終わっていないことがあります。

これは、長くて読むのが面倒だと思うので、読まなくてもいいです(笑)

ただ、自分の覚書と、まあ、同じ状況の人の参考に少しでもなれば、または、離婚ってめんどいな、と思って離婚を踏みとどまるきっかけになれば、との思いで書いてます。

終わってない手続きというのは、自分の健康保険に娘を扶養家族として入れること。

これは、簡単なことだと思っていたのですが、意外と時間がかかります。

まず、元夫の健康保険と扶養家族から娘を抜く手続きを会社でしてもらわなくてはいけません。

私は幸い、話し合いもできないほど関係が崩壊している訳では無かったので、理解して手続きしてくれました。

ただ、その会社の手続きに、次女が除籍された後の戸籍謄本を取り寄せる必要があるそうで、それは夫がやってくれればスムーズだったのですが、それを自分がやる、という意識は全くないようで、「取り寄せてこっちに送って」と頼まれ、もう既に除籍されている私と次女は取る事が出来ず、書類だけ用意して、元夫と暮らしている長女に取り寄せてもらいました。

この辺りのやりとりひとつとっても、離婚に至る決意は間違ってなかったと、改めて確信させられました。

正確に言えば、こういう思考回路の人と、うまくやる技量がこちらになかったということですね。

私たちはその戸籍謄本を取り寄せることができないんですよ、などのやりとりをするのも面倒だったので、説明するのは早急にあきらめました。

戸籍謄本がある場所は遠方(京都)なので、直接取りに行くことが出来ず、以前は必要な時に元姑に取りに行ってもらっていましたが、そんなお願いをこの期に及んでできる訳もないという、色々な事情で、ただ、戸籍謄本を取り寄せるということだけに、かなりのエネルギーと時間を費やしました。

余談ですが、ホントにこの、離婚の手続きのために、戸籍謄本何度取り寄せたか。ただ、まとめて取り寄せればいいかというと、最後の戸籍謄本は、私と次女が除籍された後の、その証明となるものなので、現時点でしか取り寄せられないものなんですよね。

戸籍って、自分の住所と同じところにあったほうが何かと便利だとつくづく思いました。

で、やっと先日、書類が揃って、健康保険資格喪失証明書というものを、夫の会社に出してもらうことが出来ました。

その次に、私が、世帯全員の住民票(私と娘だけですが)と娘の課税(収入が少ない場合は非課税)証明書を出してもらうために市役所に行かなくてはいけないのですが、平日市役所に行くことが出来ず、やっと土曜に空いている役所の出張所に行って手続きを行いました。

ただ、住民票はもちろん取れましたが、娘の直近の課税(非課税)証明書は、令和元年1月→正確には平成31年1月に住んでいた場所で取る必要があるとのことで、結局今の住所の役所では取れませんでした(゚◇゚)ガーン

やっぱり、元住所の役所に行かなくてはいけないということが判明。

あー、もー、別の日に行くか、とも思ったのですが、いや、一気に済ませたい、と思い直し、元住所の近隣の、土曜日もやっている出張所へ。

いや、今のこのコロナの状況だと、郵送という手を使った方がいいのだと思いますが、今、土日の電車は平日より空いているのです。

それに、早くこの手続きを終わらせたい!との思いで、元住んでいた住所の市役所出張所へ。

最近入れた、やることリストのお気に入りアプリに、今日市役所の手続きを済ませる、って入れたから、やらなきゃいけないんですよ、どうしても!

市役所の本庁近くに住んでいたため、他の出張所に行くことがなかったのですが、ここに、土曜日やってるところがあったのね、と新たな発見。

ホントなら、じゃあ長女と連絡をとって、ランチでも行く~?なんて言いたいところですが、このご時世、ランチなんて行けないし、娘は、きちんと自宅で、テレワークしている新入社員の身。できるだけ会わない方が良いとの判断で、娘にも連絡せず(涙)。

やっとたどり着いた、元住所の役所。

ところが!必要事項を書いて窓口に出すと、本人ではなく、代理の者が来る場合、同居していれば問題ないはずなのですが、同居していても、その元住所に住んでいる人でない場合、娘が書いた委任状が必要とのこと(´-ω-`)

窓口の、疲れた感じのおばさんに委任状を渡されて、はい出直してきてと冷たくあしらわれました。

で、もういっそ、その辺のカフェとかで、ササッと自分で委任状書いてやろうか、と思ったけど、カフェは今どこも空いてないから書くところがない。(そういう問題では無いですけど)

いやぁ、なんなのよ、その委任状の定義って。

などと文句言ってもしょうがないので、まあ、書類をゲットできて、委任状が必要だということがわかったのだから、それだけでも一歩前進したと考えて、虚しく電車に乗って帰ることに。

そんなこんなで、結局、住民票しかゲットできず、課税証明書は、郵送で依頼することにしました。

最初からそうすればよかったですね。

離婚までの期間はものすごいスピードで、鼻息荒くいろんな書類関係を処理していましたが、落ち着いた今、すっかりスローダウンしてしまっています。

手続き関係は勢いがあるうちにやらなきゃダメですね。

・・・と反省をこめての投稿です。

これだけ長文で、結局終わらせていない、という現実・・・。

いいね! (まだいいね!がありません)
読み込み中...
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。