toggle
2021-11-11

やりたいことを管理する

毎日、やりたいことはたくさんあるのに、なんだかんだと雑事に追われて、いつもやりたいと思ってることが後回し。

あー、今日も出来なかったなぁ、明日やろうかな、と思うことってないですか?

それで明日になったらまた時間が取れなくて、あ〜また出来なかったなぁ・・・と。

私はしょっちゅう。

テレワークが主となって、通勤時間が減って、それなりに自由に時間が使えるはずなのに、逆にメリハリがなくなってしまってる気がします。

で、ふと前から持っていたけど使いこなしていなかったアプリをまた引っ張り出して使ってみるか、と思い立ちました。

「Tick Tick」というTodo管理アプリ。

こんな感じのよくあるアプリだけど、

これの何がいいかと言うと、カレンダーとかリマインダーと普段自分のスマホで使用しているアプリと連携できて、表示させることができること。

今日のページにすると、今日の予定とリマインダーが入っていて、一目で今日やることが見られるようになってます。

それで、何かタスクを完了させると、パキーン!という気持ちいい音がするんですよ。

これが聞きたいがために、タスク達成して、マナーモードにせずに、音を聞いてます。

ポイントは、やるべきことより、やりたいことをたくさん書くこと。

やりたいことがいつも後回しになるから、それを必ずやるのよ、という気持ちでタスクを作ります。

やりたいことなんてなんだっていいんですよ。

素晴らしい事じゃなくたって、小さなこと。

例えば「読書タイム」というタスク。

暇な時に読もう、なんて思ってたらいつまでたっても読めないから、たとえ5分でも10分でも、スキマ時間に本を開く。

私の場合はkindleという電子書籍。

読むのが面倒だったら、オーディブルで歩きながら耳で聞けばそれでOK。

今聞いてるのはこれ。

それから「映画を見る」というタスク。

これは映画に限らずオンデマンド配信のドラマなんかも含みます。

髪を乾かしてる間にちょっと映画とかドラマとかスマホで見られたら、それでOK。

これだけで自分の満足感が違います。

「コーヒータイムでくつろぐ」というタスク。

出勤する時でも、コーヒータイムを何がなんでも取るぞと決めたら、コーヒー作ってタンブラーに入れて持って行っていく。

それで仕事中何度も数分のコーヒータイムを作る。

それでタスク完了。

「コントレックスを1ℓ飲む」というタスクを完成させるためには、それも別のタンブラーに飲む分入れて、バックにしのばせておく。

家にいたらいつでも飲めるからいいんだけどね。

今日はもうこんなに飲んだよ

別のシチュエーションでも達成させるための努力をする。

やりたいことを何がなんでもやって自分のことを最優先させてると、1日と〜っても充実する♪

で、1日振り返ってどれだけやりたいことが出来たかチェック。

全部出来たら、よーし!と思うし、出来てないことも明日はやるぞ!と考える。

やりたいことじゃなくても、「やらないこと」でもいいですよね。

今日は、人に気を使わない、とかね。

夜更かししない、とか。

トイレをガマンしない、とか(笑)。

やるべき事に追われて、自分のこと後回しにしてないか、していたら、べきことなんてちょっと脇において、好きなことやっちゃいましょう。

やりたいことちゃんとやってるかどうかの確認のために、タスク管理は大事です。

Tick Tick-todoリスト、習慣タスク管理アプリ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です