toggle
2022-04-21

映画「ドライブ・マイ・カー」

まだ映画館で上映中ですが、U-NEXTで見ることが出来ました。

最新のものなので課金が必要でしたが、無料お試し期間中でも、ポイントが最初から付いていて、その範囲内で見られます。

アカデミー賞など、数々の賞を取っていて話題になっていたので、映画館で見てみたいと思っていた作品なのですが、家で気軽に見られるならそれでもいいかと、見はじめたら、没入してしまいました。

村上春樹原作。

見終わったら、なるほどと思いました。

村上春樹の作品をいくつか読んだことがありますが、それを読み終えた時に感じるものと、同じような感覚がありました。

映画全体が「詩」のようで、見る人によってとらえかたが変わるような世界観。

西島秀俊の無表情な演技。

それが劇中の舞台の本読みにも反映されていて、全体的に登場人物の本当の気持ちがわからない。

淡々と進む話の中で少しずつ、意味がわかってくる。

相手の全てを受け入れているようで、本当は憎しみや嫉妬や怒りを感じているのに、それを出さずに抑えてきた後悔、そんな自分を受け入れることを教えてくれるような映画でした。

赤の「SAAB」がこの映画の象徴として出てくるのがとても印象的。

昔読んだ、五木寛之の「雨の日には車をみがいて」を思い出して、Kindleですぐダウンロードしてみました。

車をテーマにした短編集。

確か、SAABが出てきたはず、と思って探してみたら、1番最後に出てきました。

あとで読み返そうと思います。

雨の日には車をみがいて

ドライブ・マイ・カー


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。