toggle
2021-08-04

長野県キャンプ旅行 後編

先日前編を書いたので、今回は後編です。

前編はこちら♪

長野県キャンプ旅行 前編

やっと、キャンプ場にたどり着きました〜。

写真で見るとけっこう小さいテントですが、実際小さいです(笑)。

でも、3〜4人用。

大人2人がゆったり寝られて、荷物も置けます。

キャノピーもついてます。

到着した時は晴れていましたが、あっという間に雲行きが怪しくなり、ザーザー降りの中スタートした今回のキャンプ。

どうなるんだろう〜。

と不安に思いつつ、

馬刺しチップスを食べながら、テントの中で雨宿り。

雨が降る前に出してしまったチェアは、びしょ濡れになって使い物にならず、ひっくり返したまま放置。(↑左下)

キャノピーだけでは雨が垂れて来るのでさらに100円ショップで買ったブルーシートを乗せています。

ブルーシートは、荷物の臨時置き場にもなるし、あるととても便利です。

ただ、雨の中ミニ焚き火台の上に、100円ショップのミニ鉄板を2つ並べて置いて、中で焚き火を絶やさないようにしていたら、雨の中でもずっと火がついていました。

すごい。

雨の中でも焚き火は出来るんですねー。

遠くに見える小さな焚き火台はこれです。

ミニ鉄板は、以前Instagramで紹介したものです。

少し暗くなってきたので、オイルランタンに点火。

オイルランタンも、キャプテンスタッグ。

楽天で購入しました。

キャプテンスタッグ オイルランタン 小 (ブロンズ) アウトドア キャンプ CAPTAIN STAG UK-505 照明 ライト おしゃれ

夜になると、雨もやんで、この焚き火台で肉を焼きました。

酔っていたので肉の写真を撮り忘れましたが、美味しかった。

夜になると雨も止み、他のキャンパー達や、バンガローの明かりが灯り、とてもきれい。

空気がキレイなので、焚き火や灯りの光がよりくっきりと見えます。

気温も雨のせいか少し下がり、涼しくて天然のクーラーです。

雨のせいで虫もいなくて最高でした。

寝袋の中で、快適にぐっすり眠れました。

今回は「長野県縛り」。

できるだけ長野県産の食材を揃えるということにしました。

朝食のカレーは、長野県産のじゃがいもと人参とトマトと豚肉を使用。

カレー粉はこれ。

長野県の工場で作られているらしい。

美味しそうにできた〜!

出来上がり!

残念ながら、長野県産のお米を使ったものの、飯ごうの水の量を間違えたようで、イマイチな仕上がりに・・・

大失敗かと思ったけど、カレーをかけたら気にならなくなりました!

よかった。

晴れると虫がやってきて、都会では見かけないような大きい蟻とか蜂とかが飛び回ってました。

雨で濡れたものを拭いたり洗ったりして、お片付け。

もう一泊したかったな〜、と未練を残しつつ、素敵なキャンプ場をあとにしました。

帰りも快晴で、前日の雨が嘘のよう。

7月の連休で、渋滞に巻き込まれることを覚悟して早めに出発しましたが、予想に反して、混むこともなくスムーズに帰れました。

このあと、緊急事態宣言が出てしまい、キャンプ場で宿泊が出来ない状況になっています。

しばらくは、ひっそりとデイキャンプを楽しみたいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です